年齢確認ツールの機能

年齢確認ツールのすべての機能と、最も効果的なツールを作成する方法をご紹介します。

正しいメッセージで 全てを 始めましょう

年齢チェックウィンドウに表示されるあなたのメッセージは、ユーザーがあなたのウェブサイト上で最初に目にするテキストです。
メッセージに、あなた独自のテキストを書いて、訪問者を快適にするための文章を提出します。
あなたが、メッセージのフォントサイズを設定し、テキストの色を決める事は自由です。

年齢制限の設定

あなたが必要な数値に基づき設定できるよう、年齢確認オプションを柔軟にしました。
どんな年齢確認の数値でも申請できます。
※例15Rの場合、15。30歳以上に制限したい場合、30。

3つの検証方法から1つを選択

年齢認証ツールでは、3つの認証方法からお選びいただけます。
ユーザーに生年月日を完全に入力してもらう方法、生年のみを入力してもらう方法、YesとNoのボタンで質問を設定して回答してもらう方法があります。
それぞれの方法で、メッセージのテキストやボタンを編集申請することができます。

未成年ユーザーのための2つのシナリオ

ユーザーが成人であることを確認するたびに、そのユーザーはあなたのウェブサイトへのアクセスを許可されます。
そして、未成年のユーザーには、あなたが選択した2つのどちらからのシナリオが提供されます。
それは、あなたからのメッセージが表示されるか、ツールの申請で入力したアドレスにリダイレクトされます。

使用例

あなたのウェブサイトをグレードアップさせるための
カウントダウンタイマーの可能性を探求するために
実際の使用例を見てください。

自動 定期 検証

あなたの忠実な訪問者が、彼らの年齢確認を何度も何度も入力する事を防ぐオプションがあります。
ツールがユーザーを記憶しておく期間を選択できます。
つまり、年齢は自動的に確認され、再度入力する必要はありません。これはより良いユーザビリティに貢献します。

ツールをサイト全体または特定のページに表示する

すべての使用者の状態は異なるので、ウェブサイト全体ではなく特定のページに年齢チェックを追加する必要がある場合があるかもしれません。
年齢確認ツールでもこれを考慮しているため、ツールを表示する場所を選択できます。
すべてのページに表示することも、表示する特定のページを指定することも、逆に、除外する必要のあるページを指定することもできます。

年齢制限が必要なコンテンツを含むページが数ページしかない場合は、[除外]オプションを指定して、URLを追加するだけです。
したがって、すべての訪問者がサイトにアクセスできますが、指定したページにアクセスできる事を成人のみとできます。

追加情報を表示する

ユーザーをウェブサイトの利用規約に誘導する必要がある場合、または何かをより詳細に説明したい場合は、追加の文章を申請できます。
このテキストフィールドは、HTMLタグで申請することで、フォントの太さ、リスト、配置など、一般的なすべての書式設定オプションのサポートが可能です。。
また、リンクを追加して、ユーザーを別のウェブサイトまたはページにリダイレクトできます。

背景画像を追加して ロゴを表示する

独自の画像をアップロード申請し、会社がコンテンツのスタイルに合わせることができます。
背景画像は、年齢検証中にウェブサイトのコンテンツを非表示にするのに役立ちます。
その他に、ロゴをアップロード申請をすることも可能です。
ロゴはメッセージ上に表示され、確認画面に画面を追加します。

インターフェイスの色を制御する

インターフェース(年齢確認の小窓)は、サイトのデザインに合わせられるよう、4箇所の色変更が可能です。
例えば、ポップアップの背景画像や背景色を選択したり、[はい]ボタンと[いいえ]ボタンの色も申請できます。

ああ...
このセールはクレイジーです!

日間
時間
分間
秒間

急いでこれらのお得な情報を手に入れましょう: