年齢確認の例

WordPressに簡単にも設置できる、プラグインも必要としない、年齢確認ツールのすべての機能と、最も効果的なツールを作成する方法をご紹介します。

年齢確認ツールの例1:ウイスキー

生年のみを要求することで、訪問者の年齢を確認できます。ツールは、設定した制限に基づいて、ユーザーが満年齢かどうかを自動的に計算します。
ウェブサイトのコンテンツは、年齢が確認されるまで背景画像の背後に隠されたままになります。

年齢確認ツールの例2:デフォルト

ツールにボタンを表示することを選択すると(成人と未成年のオプションの場合)、ボタンにカスタム色を指定し、独自のラベルを作成できます。
通知の内容も変更可能です。

年齢確認ツールの例3:ビール

例に示すように、ツールの表示をきれいに見せるために、通知ウィンドウに[色を無色]と指定することで、背景画像と表示させるすることができます。
例では、会社のロゴを追加することで信頼性をアップしています。

年齢確認ツールの例4:ワイン

ツールが完全な生年月日を要求するように設定されている場合、どのように表示されるかの例を示します。
ツールは自動的に年齢を計算します。通知ポップアップは透明で、背景画像とのバランスがとれています。

年齢確認ツールの例5:電子タバコ1

ツールが完全な生年月日を要求するように設定されている場合、どのように見えるかの例を示します。
通知ウィンドウは透明で、背景ん画像とのバランスがとれています。

ツールの作成から始めます

早い、簡単、コーディングなし

年齢確認ツールの例6:電子タバコ2

ユーザーに正確な年齢を尋ねる必要はありません。
私たちの提供するコードを使用すると、単純に2つのボタンを提供することができます:許可された年齢をはいかいいえで確認します。
黒の背景画像と通知ウィンドウの白黒の色の選択は、厳格でクリーンな外観を作成します。

年齢確認ツールの例7:葉巻

黄色と紫の色のカスタムコンビネーションのおかげで、非常にスタイリッシュで明るい雰囲気に見えます。
ボタンの下の追加情報は、プライバシーポリシーへの有効なリンクを示しています。

年齢確認ツールの例8:アダルトコンテンツ1

訪問者が未成年であると主張したり、コンテンツの閲覧を拒否したりした後に何が起こるのでしょうか?
あなた自身でシナリオを選択することができます。あなたからのメッセージを見るか、他のアドレスにリダイレクトされます。

年齢確認ツールの例9:アダルトコンテンツ2

この例では、目を引くだけでなく、コンテンツに関する詳細な通知を提供するツールを示しています。キャプション(説明)には任意のテキストを追加申請することができ、フォーマット、リスト、リンク、フォントオプションをサポートしています。

年齢確認ツールの例10:アダルトコンテンツ3

このスタイリッシュなウィジェットは、背景画像がウェブサイトのすべてのスペースを占めるように設定されています。
また、訪問者が訪問時に使用するデバイスに関係なく、ツールは完全に応答性が高く、どの画面解像度でもゴージャスに見えます。